安全なインプラント治療を受けるために

治療には数か月かかります

まずは、医師と非常に綿密にどのような義歯を入れるか、口腔内の状態はどうなのか、それによってどれくらいの治療期間が必要かを面談をします。
そして、口腔内を正常な状態にすることから始まります。もし、歯槽膿漏などが見つかった場合は治療をして完治してからインプラント治療に入ります。歯槽膿漏があった場合など、その細菌がインプラント治療の邪魔をするからです。一通り口腔内を綺麗にした後、インプラント治療が始まります。
まずは外科手術として歯茎を切り、インプラントを骨に埋めます。このインプラントが骨に根付くまで数週間から数か月。そして、インプラントが根付いたらそこへ義歯を装着します。
義歯を入れてから数週間後に装着具合を見て今後のメンテナンスについての面談をします。
どんなに早くすすんでも一本の歯のインプラントが完成するまでには3ヶ月以上はかかることになります。

治療後も定期的メンテナンスが必要です

インプラント治療が一通り終わった後も、その後のメンテナンスが必要になります。
と、いうのはインプラントは直接歯に埋め込まれているものなので、元々の顎や歯肉が経年により形が変わってきた場合など、義歯との間に隙間が出来てしまうのです。
義歯自体は虫歯にはなりませんが、義歯と歯肉の間に隙間に細菌が入り込んでしまうと、歯肉炎になり口腔内の状態が悪くなってしまいます。その場合は義歯を入れ替えたり、などのメンテナンスをします。
インプラント治療自体が自由診療の為保険がきかない上に、メンテナンスにもそこそこの費用が掛かることがインプラント治療のデメリットかもしれません。メンテナンスはおよそ半年に一回、これは歯医者さんによって違うので面談の時にこの点も含め、分からないことがあったら必ず確認をしましょう。