安全なインプラント治療とは何でしょうか?

正しい施術が行われれば安心で安全です

義歯の破損などのトラブル

インプラント治療は、インプラントを埋め込んだ後義歯を装着します。
義歯の装着にはいくつか方法があり、患者さんの口腔内の状態を見て医師が決定します。しかし、この義歯が合わず装着後取れてしまう事があるのです。また、義歯と歯肉の間に最初から隙間が出来てしまい歯槽膿漏を導いてしまう事も。歯ぎしりのひどい患者さんの場合は、歯ぎしりにより義歯が壊れてしまう事もあるようです。
こういったトラブルはインプラントを埋め込む前の事前の施術で回避をほぼすることが出来ますが、その事前の施術にも歯医者さんの技術が必要です。
また、インプラント治療後は必ず定期的にメンテナンスに通う事。いくら正しい治療を行っても、メンテナンスを怠ると義歯の寿命が短くなってしまいます。

神経系のしびれ

インプラントを埋め込む顎の骨の回りには大量の神経や動脈があります。これらを傷つけないように施術を行うのですが、万が一、適切ではない場所にインプラントが埋め込まれた場合、神経を損傷して痛みを感じてしまいます。顎だけのしびれや痛みではなく、指先などの震えなどが出た事例もあるようです。
こういった場合は、最悪、インプラントを全て外してインプラントではなく入歯を挿入することになってしまいます。
インプラント治療を行う際は、非常に細部にわたって検査をします。検査を綿密にして治療を行わないと、安全な治療が出来ないのです。よって、多岐に渡って検査を出来る設備が無いと治療を行う事が出来ません。治療技術は日進月歩ですので、最先端の設備がある病院が安心でしょう。